米国でのPOAの署名権限者


以下のUSPTOのサイトにPOAの署名権限についての記載があります。米国では"authorized to act"を有する者が署名す ることができ、
"authorized to act"を有する者には、肩書から明らかに"authorized to act"を有することが認定される者や、取締役会の決議で権限が付与された者などが含まれます。

guid_aia-poa.pdf : https://www.uspto.gov/sites/default/files/forms/guid_aia-poa.pdf
The form must be signed by the named assignee or, where the assignee is a juristic entity, by someone who is
authorized to act on behalf of the assignee. Someone who is “authorized to act” would be an officer who
has a title that carries apparent authority or someone who have been given such
authority by, for example, a corporate resolution from a board of directors.


また、MPEPには、署名権限については、以下の規定もあります。
325-Establishing Right of Assignee To Take Action in Application Filed On or After September 16, 2012 : https://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/s325.html
(A) The submission may be signed by a person in the organization having apparent authority to sign on behalf of the organization. 37 CFR 3.73(d)(2). An officer (chief executive officer, president, vice-president, secretary, or treasurer) is presumed to have authority to sign on behalf of the organization. The signature of the chairman of the board of directors is acceptable, but not the signature of an individual director. Modifications of these basic titles are acceptable, such as vice-president for sales, executive vice-president, assistant treasurer, vice-chairman of the board of directors. In foreign countries, a person who holds the title “Manager” or “Director” is normally an officer and is presumed to have the authority to sign on behalf of the organization.

以上の規定を考慮すると、取締役会において知財部長に署名権限を付与する旨を決議し、"Manager in IP Division"などの肩書で署名をすれば大丈夫です。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

セミナー告知

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊所の紹介
メインのHP 問い合わせ先:
info@skiplaw.jp (@は半角) TEL:03-6712-6985
貴社に訪問させて頂いて弊所の考えを説明させて頂きます。弊所は品質を落とさずに外国出願をコストダウンすることを目指していますが、国内明細書もたくさん書いていますので、新規出願から対応可能です。

コストダウンの大前提は、品質を落とさないことです。弊所では、私、伊藤寛之が中心となって、現地代理人と協力して、品質向上・コストダウンを行なっています。
外国出願費用を品質を落とさずに30%以上削減する方法

ツイッターで更新情報入手!
OKWaveで色々な質問に答えています
特許ブログランキング
プロフィール

Hiroyuki Ito

Author:Hiroyuki Ito
渋谷のSK特許業務法人のパートナーの伊藤寛之です。日々の実務の中で分からないことがたくさんあって、特許庁に問い合せたり、調査をしたりして、一つずつ疑問を解決しています。せっかく調べた情報ですので、このブログに蓄積していこうと思います。雑文も多いと思いますが、よろしくお願いします。
メインのHPもよろしくお願いします。

・弁理士
・米国弁理士試験合格
・TOEIC満点
・HSK5級(TOEIC800-900相当)合格
・外国出願取り扱い経験500件以上

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示