半独立しませんか? 弁理士・特許技術者募集中!

特許事務所の勤務弁理士は、ある程度、給与と地位が安定しており、3000万程度の売上を上げることができる腕がいい弁理士の場合は、それなりの高額の報酬を得ている場合があると思います。

その一方で、自分が上げている売上に対して給与の額が見合っていないという不満を感じたり、家庭の事情を考慮して自由な働き方ができないなどという不満を感じて独立を考える人も多いと思います。

私自身、以前の事務所ではそれなりにいい待遇をして頂きましたし、有給を比較的自由に取得させてもらったりして、快適に働かさせてもらいましたが、自分が上げている売上と給与を比較すると、もうちょっとくれてもいいのになぁーという思いを持ったり、自分が取ってきた仕事を休みを使って処理したのに給与にほとんど全く反映されず、やる気を無くしたりしたこともありました。

独立して新しい事務所を作れば、頑張った分だけ報酬が増えるし、自由な働き方ができるというメリットがある反面、報酬に関しては、クライアントを獲得できなければ経費の分だけマイナスになるし、事務・経理・営業等の様々な仕事をする必要があって、明細書作成等の実務に集中できないというデメリットもあります。

弊所は、勤務弁理士のデメリットと、独立弁理士のデメリットを無くす勤務形態を提案しています。
詳しい内容は、以下のページに記載しています。
外国出願のSK特許 独立は不安→半独立という方法もある

弊所の雰囲気は、以下の動画を見てもらえばだいたい分かると思います。経営者と従業員の距離は、一般的な事務所に比べるとかなり近いと思います。


弊所のシステムは、完全な実力主義ですので、実力が不十分な人には厳しい面もあると思いますが、実力のある人には非常に快適なはずです。また、大手事務所などで年功序列的な要素が強いところは、実力があってもなかなか待遇に反映されにくいところもあると思いますが、弊所は年功序列的な要素が一切ありませんので、実力がそのまま待遇に反映されます。だいたい、毎年100万円ずつくらいは報酬が増えていくことが多いです。

以下のような人は、是非、一度、弊所に話を聞きに来て下さい。
・自分の実力が報酬に反映されていないと感じている人
・自分のペースで、自分の好きな時間に好きな場所で仕事をしたいと感じている人
・年功序列的な関係に嫌気が指している人
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

セミナー告知

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊所の紹介
メインのHP 問い合わせ先:
info@skiplaw.jp (@は半角) TEL:03-6712-6985
貴社に訪問させて頂いて弊所の考えを説明させて頂きます。弊所は品質を落とさずに外国出願をコストダウンすることを目指していますが、国内明細書もたくさん書いていますので、新規出願から対応可能です。

コストダウンの大前提は、品質を落とさないことです。弊所では、私、伊藤寛之が中心となって、現地代理人と協力して、品質向上・コストダウンを行なっています。
外国出願費用を品質を落とさずに30%以上削減する方法

ツイッターで更新情報入手!
OKWaveで色々な質問に答えています
特許ブログランキング
プロフィール

Hiroyuki Ito

Author:Hiroyuki Ito
渋谷のSK特許業務法人のパートナーの伊藤寛之です。日々の実務の中で分からないことがたくさんあって、特許庁に問い合せたり、調査をしたりして、一つずつ疑問を解決しています。せっかく調べた情報ですので、このブログに蓄積していこうと思います。雑文も多いと思いますが、よろしくお願いします。
メインのHPもよろしくお願いします。

・弁理士
・米国弁理士試験合格
・TOEIC満点
・HSK5級(TOEIC800-900相当)合格
・外国出願取り扱い経験500件以上

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示