インド特許庁を国際調査機関として選択する方法。Applicant of convenience(PCT出願)


以下の解説のp10にApplicant of convenienceについての詳細な解説があります。
An Overview the PCT System - PCT Learning Center

PCT規則19.1では、出願人が居住者又は国民である国内官庁又は国際事務局ががPCT出願のための管轄受理官庁となると規定されています。
つまり、出願人が日本の会社である場合、受理官庁は、JPOか国際事務局のどちらかになり、USPTOやインド特許庁などにPCT出願をすることはできません。

Applicant of convenienceとは、便宜上の出願人であり、例えば、指定国ナイジェリアについてはインドの代理人を出願人に含めます。そうすると、PCT出願は、日本の企業とインドの代理人の共同出願になりますので、JPOとインド特許庁のどちらにもPCT出願をすることが可能になります。なお、インドの代理人は、ナイジェリアのみについての出願人なので、ナイジェリアに移行しない場合は何の関係もありません。

メリットとしては、JPOに英文でPCT出願をする場合、国際調査機関としては、JPOかEPOのどちらかしか選ぶことができませんが、インド特許庁に英文でPCT出願をすると、インド特許庁を国際調査機関として選択することが可能になります。

国際調査機関の手数料は、特許庁ごとに全然違います。インドが激安です。
PCT Fee Tables
JPO:   USD577
USPTO:  USD2080
EPO: USD2125
インド:  USD163

ただ、インドにPCT出願をする場合、インド代理人費用が必要になりますので、総額では、JPOに出願した方が安くなる場合が多いと思います。
 
インド特許庁を国際調査機関として選択するメリットは、EPO、USPTO、JPOなどの審査を受けるタイミングを出来るだけ遅らせたい場合だと思います。PCT出願をすると、数ヶ月で、国際調査報告が発行されます。この内容は、USへの移行の際にIDS提出する必要がありますので、あまり、強い文献を見つけてほしくありません。JPOは、きっとそのような望みは叶えてくれませんが、インド特許庁はJPOよりも調査能力が低いと思われますので、より強くない文献を引用した国際調査報告を作成してくれるものと思います。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

セミナー告知

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
弊所の紹介
メインのHP 問い合わせ先:
info@skiplaw.jp (@は半角) TEL:03-6712-6985
貴社に訪問させて頂いて弊所の考えを説明させて頂きます。弊所は品質を落とさずに外国出願をコストダウンすることを目指していますが、国内明細書もたくさん書いていますので、新規出願から対応可能です。

コストダウンの大前提は、品質を落とさないことです。弊所では、私、伊藤寛之が中心となって、現地代理人と協力して、品質向上・コストダウンを行なっています。
外国出願費用を品質を落とさずに30%以上削減する方法

ツイッターで更新情報入手!
OKWaveで色々な質問に答えています
特許ブログランキング
プロフィール

Hiroyuki Ito

Author:Hiroyuki Ito
渋谷のSK特許業務法人のパートナーの伊藤寛之です。日々の実務の中で分からないことがたくさんあって、特許庁に問い合せたり、調査をしたりして、一つずつ疑問を解決しています。せっかく調べた情報ですので、このブログに蓄積していこうと思います。雑文も多いと思いますが、よろしくお願いします。
メインのHPもよろしくお願いします。

・弁理士
・米国弁理士試験合格
・TOEIC満点
・HSK5級(TOEIC800-900相当)合格
・外国出願取り扱い経験500件以上

FC2カウンター
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示